EIZO株式会社は、横から見た場合にのみ画面が暗くなり、文字が読み取れなくなる“マイナンバー対応”を謳うタッチ付き17型ディスプレイを開発中であると発表した。
 2016年1月より「マイナンバー法案(行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用などに関する法律案)」が運用開始されるのにあたり開発された製品。不特定多数の人の目がある場所でのマイナンバー入力を想定し、横から文字などが見えないようにし、覗き見されにくくなっている。超音波表面弾性波(SAW)方式のタッチセンサーを搭載しており、タッチによる入力が可能。
 仕様や発売時期、価格は未定。本製品は7月15日~17日に東京ビックサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ2015」で展示される。
(劉 尭)

関連リンク EIZOのホームページhttp://www.eizo.co.jp/ ニュースリリースhttp://www.eizo.co.jp/press/archive/2015/NR15_009.html

投稿者 Babaske

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です